便秘しないのは健康の基本

食事を取る、運動をする、睡眠する。
体を健康的に保つためには生活の基本であるこれらの行為をしっかりと行う必要があります。
過度のダイエットをして食事を抜いたり、時間が無いからと言って運動をしなかったり、遊ぶことに夢中で睡眠を充分に取らなかったりしていると、一時的に見ればそれほど健康に影響は無いかもしれませんが、総合的に見れば健康に悪影響を及ぼすことになります。
こういった不健康な生活による体へのダメージは徐々に蓄積されることにつながりますので、健康でいたいならば、できるだけ不摂生はしないように、健康的な生活を心掛ける必要があります。


生理現象である排便は、これらの基本的な生活ができていない時に起こります。
偏食をしていたり、充分な生活習慣を確保できなかったりしている場合には、排便が遅れるという結果になって、便秘によって示されることになります。
排便が正常に行われないと健康に影響が出てしまうだけでなく、肌にも悪影響を及ぼすことになります。
便秘は女性に多く起こるという傾向にありますので、お肌を美しく保つためにも排便を滞らせないような生活を送るように心がけるようにしましょう。


しかし、便秘という言葉は少し曖昧です。
簡単に、排便活動が滞ってしまうことを便秘と言ってしまいますが、どこからが便秘になるのかは曖昧です。
具体的に何日間便が出なければ健康に影響を及ぼしてしまうのでしょうか。
また、便秘にはどのように対処していけば良いのでしょうか。

Copyright © 2014 便秘って何日くらいから危ないの? All Rights Reserved.